一戸建て、話し合って買うのがベスト

家を購入するにあたり、お義母さんと一緒に暮らすことになりました。
物件を見てまわり、主人も私も1件だけとても気に入った物件がありました。
「日当たりもいいし、景色もいいし、風通しもよさそうだし」と、とてもいい物件でしたが、でもその物件は玄関まで20数段の階段を上がらなくてはいけません。
主人や私たちは大丈夫でも、お義母さんは大丈夫かと心配しましたし、他の物件にしたほうがいいか悩みました。

とても悩みました。
ある日、お義母さんに「とてもいい物件があるんだけど、玄関まで20数段上がらくてはいけない」と話しました。お義母さんも膝や腰が痛むので悩んでいました。
でも「歩くことはいいことだから、いい物件ならいいじゃない」と言ってくださりました。
そこで、外階段に手すりを付けたり、室内もバリアフリー仕様のように、階段やトイレに手すりを付けたり、段差があまりないようにリフォームをしました。
外階段に手すりをつけるだけでも楽なようで、良かったです。

住む家族の人数が多いほど、要望など多いと思いますが、たくさん話し合って、納得のいく家を選ばれるのが大事だと思います。